ご相談事例
Consultation Cases

お客様から頂いたご相談内容を紹介します

「次世代の一族が上手くコミュニケーションをとれるか分からない。」

A社(非上場)の代表取締役社長(創業家)からのご相談内容

仲の良い私たちの世代にとって、ファミリーオフィスサービスは必要ないが、次の世代以降が私たちのように上手くできるのか確証は持てない。また、世代を経るごとに、一族の関係者は増えていき、メンバー間のコミュニケーションが希薄化するリスクは当然に考えられる。 

 ■ AFOSの提案

  • 次世代以降のご一族様のために、ファミリーのガバナンス構築をご提案
  • ご一族様のオーラルヒストリーの作成をご提案 など

「後継者1人だけで拡大していく事業をコントロールできるとは思えない。」

B社(非上場)の代表取締役社長(創業家)からのご相談内容

私自身がそうであったように、一族事業の株式は後継者候補である息子に集中して承継させてきた。しかし、息子1人で今後、ますます大きくなっていく事業を全て管理・成長させることができるのか、また、私がいなくなった後に息子の暴走を防ぐにはどうすれば良いのか、不安になっている。

■ AFOSの提案

  • ファミリーとファミリービジネスの双方におけるガバナンスの構築をご提案
  • 当社の6つの領域に基づく全体最適のプランニングをご提案 など

「事業に直接関与していない一族の協力も仰ぎたい。」

C社(非上場)の代表取締役会長(創業家)からのご相談内容

一族と一族事業が永続化していくには、一族外から一族に入ってくる人物(例:息子である社長の奥様)を一族の人間として取り込んでいくことが重要。事業には直接、関与していない一族メンバーにも一族の理念や価値観を伝え、一族が一体となることで、息子や孫に引き継ぐことができると考えている。 

■ AFOSの提案

  • 会長をはじめとする、ご一族様の理念や価値観を見える化する仕組みをご提案
  • 事業に関わっていないご一族様を巻き込んだファミリーオフィスの構築をご提案 など

「無形資産の承継を行いたい。」

D社(上場)の代表取締役社長(創業家)からのご相談内容

事業承継には、株式や不動産、現預金などの有形資産に加え、一族の持つ知識やスキル、人脈などの無形資産の承継が欠かせない。無形資産をどのように誰が承継するのか決めなければ、有形資産の承継方針も決まらないので、支援してもらいたい。

■ AFOSの提案

  • 今後の事業を支えるご一族様の確定と一族の一体性維持・強化をする仕組みをご提案
  • 無形資産をベースとした有形資産の円滑な承継のプランニングをご提案 など

「創業家が経営執行せずとも一族事業を支えてほしい。」

E社(上場)の代表取締役社長(創業家)からのご相談内容

息子や娘は一族事業とは異なる別の職に就いており、一族内に社長となる人材はいない。そのため、一族外の第3者が次期社長になることは仕方がないが、私が創り上げた事業に一族が関わらなくなることに抵抗感がある。後継世代がどうにかして一族事業に関与できる仕組みをつくりたい。

■ AFOSの提案

  • 所有と経営(執行)の分離を実現するための仕組みをご提案
  • 次世代が創業家の株主としての責務を果たせるような教育プランの確立をご提案 など

「事業承継のきっかけがほしい。」

F社(上場)の代表取締役社長(創業家)からのご相談内容

事業承継を経て、社長に就任したが、カリスマ創業者である父(会長)が現役であるため、実質的な事業承継は進んでいない。仮に父が明日、一族事業からいなくなってしまうと、私には経営者としての責務を果たす自信がない

■ AFOSの提案

  • 後継者様(社長)と共に経営変革プランを作成し、会長に事業承継を働きかけていくことをご提案
  • 社長が一族の代表者としての覚悟を持ち、役割を担える仕組みをご提案 など

「一族で株式を巡る問題を起こしたくない。」

G社(上場)の代表取締役社長(創業家)からのご相談内容

過去に、一族事業の株式を巡って、他の一族メンバーから株式の買取請求を受けたことがあった。同じ轍を踏まないために、一族の中でルールを定めておきたい

■ AFOSの提案

  • 家族憲章の作成をご提案
  • 家族憲章の継続的運用にむけた、一族会議体の設計をご提案 など

⼀族経営事業承継お悩み⽅は、
お気軽ご相談ください。

お電話でのお問い合わせは
(㈱青山財産ネットワークス内受付)
[平日9:00~17:00]